FC2ブログ
DHCオンラインショップ








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告@きれいカフェTOP↑

LUSH(ラッシュ)大好き♪みつばちマーチ♪




ん?これはケーキ? 
いえいえw これは私のお気に入りの石鹸でーす

LUSHの”みつばちマーチ”といいます♪
これで体を洗うと甘~い香りに癒されます

【商品説明】LUSH 人気No.1の甘い香りのソープ

肌をやさしくいたわるハチミツをう~んとつめこんだハンド&ボディ用ソープ。
乾燥肌でお悩みの方に是非おすすめします。
泡立てたときに立ち上がる甘くて香ばしい香りにうっとり。
洗いあがりの肌はとても滑らかになります。

ほかにもかわいいソープやバスボムと呼ばれる入浴剤もおすすめです

LUSHのネットショップはコチラから どうぞ ↓


スポンサーサイト
過去記事@きれいカフェTOP↑

おうちでアロマテラピー

  アロマテラピーって体験したことありますか?

  アロマオイルはゲルマニウム温浴に出かけたときに
  ショップの人が枕がわりにするタオルに
  オイルを1滴しみこませてくれるので
  なんとなくわかるのですが・・
  (30分の温浴の間、香りにうっとり癒されます)

  気になったのでアロマテラピーについて調べてみました
  おうちで簡単にできますよ
  香りに癒されちゃいましょう


 アロマテラピーって何?

 アロマテラピー(aromatherapy)とは香り(aroma)を使った療法(therapy)のこと。
  つまり、芳香療法のことです。
  漢方の西洋版との捉え方もありますが、ヨーロッパ発祥の自然療法
  の一つであるアロマテラピーは、生薬やハーブをそのまま、
  あるいは乾燥させて使うのではなく、植物から抽出した
  エッセンシャルオイル=濃縮された芳香植物のエキスを使用します。
  植物の香りには人の体と心に作用する神秘の力が秘められています。
  この香りの成分を体内に取り入れ、人間が生まれつきもっている
  自然治癒力を呼び覚まし、心身の調和を図ろうというのが
  アロマテラピーなのです。
  また、広い意味では、ハーブティーを飲んだり、花の香りを
  嗅いだりすることもアロマテラピーと位置づけられます。

        



  ちなみに1滴は通常の精油であれば約0.05ml程度らしいです
  10ml瓶でも十分楽しめそうですね

  芳香浴(アロマランプ)

    アロマランプの上皿にお湯を注ぎ、エッセンシャルオイルを
    数滴垂らします。
    電源を入れれば、電球の熱で香りが拡散します。
    エッセンシャルオイル数滴で、数時間香りが持続します。
    アロマライトは、バーナータイプと違い火を使用しないので、
    火事の心配がありません。小さなお子様がおられる家庭など
    で広く使用されています。



  芳香浴(アロマバーナー) 

    アロマポットの上皿にお湯を入れ、エッセンシャルオイルを
    数滴垂らします。アロマポットの下にキャンドルをセットし、
    火を付けます。キャンドルに火の熱によって、エッセンシャル
    オイルの香りが室内に拡散されます。

    アロマポットは、キャンドルの火を付けることで
    アロマテラピー効果とともに幻想的な雰囲気を演出してくれます。
    火を使用するため、くれぐれも火の消し忘れや周りに
    燃えやすいものを置かないよう注意が必要です。

         
    

    ▼全身浴
    お湯を貯めたバスタブに、エッセンシャルオイルを
    数滴落とします。
    2~5滴が適量です。
    お湯の温度は、38℃前後が目安です。
    リフレッシュしたい時は、42℃前後の熱い湯で入浴します。

    アロマバスは、鼻と皮膚の両方から芳香成分を吸収する為、
    血行が良くなり疲労回復に効果的です。
    但し、直接精油が肌につくため、刺激性のある精油はなるべく
    使用を控えるか、量を少なくして使用するといいでしょう。

    ▼半身浴
    精油の使用方法は、全身浴と同じでみぞおちの部分より下まで
    つかる方法です。
    全身浴に比べて、心臓への負担が少なく、長時間入浴するのに
    適しています。
    
    お湯は、38℃前後のぬるま湯でバスタブに座った時に
    みぞおちの高さぐらいまで浸るようにします。

    ▼フットバス
    洗面器やバケツなどに、約40℃前後の熱めのお湯を入れます。
    両足のくるぶしの上まで浸る程度が目安です。
        目的、症状に合わせて精油を2~3滴入れます。

    足の裏は第二の心臓と言われており、ツボが集中しています。
    フットバスをすると、全身の血行が良くなり、冷え性や足の
    むくみなどに有効です。
    又、フットバスプラスやフットバスアルファを使用すると、
    バイブ、ヒーター、バブル効果などで通常のフットバス以上に
    有効です。

    ▼ハンドバス
    洗面器などに、40℃程度のお湯を入れ、両手を浸す方法です。
    精油を2~3滴入れ、手首が浸かる程度まで浸し、5~10分ぐらい
    浸します。

    ハンドバスは、冷え性や肩こり、頭痛などにお勧めです。

    ▼フェイシャルスチーム
    洗面器に、80℃前後の熱いお湯を入れます。
    目的、症状に合った精油を2~3滴落とします。
    頭から乾いたバスタオルをかぶり、洗面器を覆って蒸気を
    閉じ込めそのままの状態で自分の好みの時間まで継続します。
    精油の芳香成分が、嗅覚と呼吸器から吸収される為、
    風邪や花粉症、スキンケアに非常に効果的です。


過去記事@きれいカフェTOP↑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。